クレーター型ニキビ跡を治す



トップページ ニキビ跡にも種類がある? クレーター型ニキビ跡の治療法 ニキビをつくらない生活習慣 ニキビ跡は化粧水で治る レーザー治療で、クレーターを治す
 
 

  ニキビ跡にも種類がある?



あなたはニキビ跡に種類があるって知っていますか?



普段私たちは「ニキビ跡ニキビ跡...」とひとくくりにしていますが、

実はニキビ跡にも種類があるんです。

しかもやっかいなのが、種類によってケアの方法も異なるという・・・



あなたの肌に合ったニキビ跡ケアを行わないと、

努力してもあまり効果があらわれないので、

ニキビ跡の種類をちゃんと理解して、適切なケアを行いましょう!



 色素沈着タイプ
ニキビが炎症を起こして、炎症が治まった後も赤みが残るタイプ。
このタイプのニキビ跡は自宅でも十分ケア可能です。ちゃんとケアを行えば、効果も比較的早くでますよ。
ビタミンを多めに摂取しつつ、ニキビ跡用化粧水(リプロスキン )を使うといいですよ。

 イチゴ肌タイプ
毛穴につまった古い角質が黒ずんで、イチゴの種みたいになってしまったタイプ。
このタイプのケアは色素沈着タイプに比べると少し時間がかかりますが、自宅でも十分ケア可能です。
効果があるのは、ニキビ跡用化粧水(リプロスキン )やピーリングなどです。

 クレーター型タイプ
肌がまるで月面のようにボコボコになっているタイプ。ブラマヨの吉田さんもこのタイプですね。
残念ながらこのタイプのニキビ跡は、3タイプの中で、治るまでに一番時間とお金がかかります。
でもじっくりとケアをおこなえば、ちゃんと治るので大丈夫ですよ。
治療に時間がかかってもいいなら、リプロスキンピーリングを併用して、肌のターンオーバーを促進するのが、私の体験から言うと一番いいと思います。
どうしても早く治したいなら、かなりリスキーですが、レーザー治療をするしかないでしょう。



実際のお肌では、この3種類のうち2種類又は3種類のニキビ跡が

混在することも多いです。

私の場合目立つのはクレーター型タイプなのですが、

色素沈着もあったし、鼻はイチゴ鼻でした。



私みたいな状態なら、

クレーター型ニキビ跡のケア(リプロスキンピーリングの併用)

を行えば、ついでに色素沈着やイチゴ肌も改善されていくので、

クレーター型ニキビ跡のケアを行うのがいいと思います!






Copyright © 2015 クレーター型ニキビ跡を治す All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座