クレーター型ニキビ跡を治す



トップページ ニキビ跡にも種類がある? クレーター型ニキビ跡の治療法 ニキビをつくらない生活習慣 ニキビ跡は化粧水で治る レーザー治療で、クレーターを治す
 
 

  レーザー治療でクレーターを治す


クレーター型ニキビ跡の治療において、

数年前まで絶対的治療法だったのがレーザー治療。



レーザー治療にはたくさんの種類があり、

今も多くの人がレーザー治療を受けています。



私個人のイメージでいうと、

レーザー治療はメリット・デメリットどちらも

大きい治療法って感じです。





  レーザー治療のメリット
・ 効果が現れるのが早い
・ 相当深刻なレベルのクレーターでも治療可能


  レーザー治療のデメリット
・ 治療費が高い
・ ダウンタイム(顔が腫れて仕事とかメイクできない時間)がある
・ 失敗したり、新たにニキビができる原因になる可能性あり
・ 整形(正確な区分かは知らないけど)という世間的なイメージ




実は私もリプロスキンを使い始める前に、

レーザー治療を受けたことがあるんです。



そのとき受けたのがフラクセルレーザー。



ダウンタイムが少ないというメリットがあるけど、

その分効果も微妙なレーザーです。



大きなリスクを背負うのが怖くて、

比較的リスクの少ないフラクセルレーザーを選んだのですが、

私の場合結果的には3回受けても、

治療前との変化が感じられませんでした(><。)



その経験から言わせてもらうと、



レーザー治療やるなら、強いレーザーを選べ!!!




これは絶対だと思います。



だって1回1回の治療費バカにならないし、

痛みやリスクもあるのに、

効果ないんじゃやってられないですもん(≧ヘ≦)



だからもしレーザー治療を選ぶなら、

サイトンレーザーのような

超強力なレーザーにした方がいいと思います。



サイトンレーザーはすごく強力なレーザーで、

リスク(失敗の可能性)も大きいですが、その分効果も大きいです。



少なくとも私みたいに弱いレーザーを何回も受けて、

全く効果を実感できないなんてパターンよりは、

効果も出て費用も安く済むでしょう。



ただレーザー治療がリスクがすごく大きいので、

個人的にはリプロスキン(化粧水)によるゆっくりしたケアの方が、

いいんじゃないかと思います!





Copyright © 2015 クレーター型ニキビ跡を治す All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座